知って意味あるの?指輪のサイズ平均を知って分かる事とは

資料

指輪のサイズは、購入する前に必ず調べてから購入すべきポイントでもあります。この指輪の平均サイズなのですが、あくまで平均のサイズなので、知っていたとしても誰にでも簡単に見つかるという訳ではないのですよね。

Sサイズ、Mサイズ、Lサイズと言った洋服であればアバウトで購入できますが、指輪のサイズの平均は、比べる事が出来ないくらいシビアなサイズなんです。

スポンサーリンク

指輪のサイズ平均は

一般的には、左手の薬指で平均サイズとされています。

  • 女性 5号~13号
  • 男性 15号~19号

となりますが、体重や身長などでも変わるようですし、私の経験だと、趣味や職業によっても指の太さが変わってくると思っています。

※指輪のサイズ表記は、JIS規格が1998年に制定され、41号などのISO表記に従った表記が決まりましたが、2015年現在も全く広まっていなく、国内での購入の場合は、従来の1号、2号の表記でサイズを調べてください。

指輪の平均サイズを知る事で分かる事

平均のサイズを詳しく知る事はないです。なぜなら、指輪のサイズは人それぞれだからですね。その為、指輪のサイズの平均を知る事よりも、自分や、旦那さん、奥さん、彼氏、彼女のパートナーが付けられる指輪が平均サイズなのかどうかという事です。

付けられる指輪が平均サイズの場合

指のサイズが平均の場合は、多くのショップで在庫があるので、ウィンドウショッピング的にタイミングを見て2人で指輪・ペアリングを購入する事が可能です。

付けられる指輪が平均サイズ以外の場合

指輪のサイズが平均サイズでは付けられない場合は、

  • サイズのある指輪を探す
  • サイズを用意できるショップ
  • サイズを用意してあるショップ
  • 特別注文

で購入する事になります。

指輪のサイズの平均は購入する時の準備

いくら指輪のサイズだけ知っていても、パートナーや自分の指輪のサイズを知っていなくてはあまり意味がありません。購入する時のショップを選ぶときの目安として、まずは自分やパートナーが平均サイズなのか、そうでないのかを知っておいて下さいね。