価格が安いのは落とし穴?「並行輸入品」の意味と私が購入しない理由

輸入品

ブランドのペアリングを探している時に「並行輸入品」の言葉を見かけてことがありませんか?

この並行輸入品の言葉の意味を知っているのと知らないのでは、雲泥の差があるほど意味がある事なので今回紹介しておきます。

スポンサーリンク

有名ブランドでよく見る言葉

並行輸入品とアクセサリーの言葉ががセットになっているのは、知名度のある有名なブランドが多いです。

特にアクセサリーの中でも、世界的にも知名度が高い「ティファニー」は多くの並行輸入品が出回っていると言われており、実際に名前は伏せときますが、大手の通販サイトでもネット上で目で見る事が多いかと思います。

正規品と並行輸入品の言葉の意味

さて並行輸入品に対して正規品の言葉があります。それぞれの意味は、

正規品とは

そのブランドと契約している会社が、契約しているブランドから直接買い付けて仕入れる事

並行輸入品とは

契約していない会社などが、海外の量販店や直営店から商品をを買い付けて仕入れる事

になります。正規のルートでの購入は正規品、それ以外の場合は並行輸入品となるわけですね。

並行輸入品のメリットとデメリット

正規品と並行輸入品を比べた時に、並行輸入品にはどのようなメリットデメリットがあるかと言うと、

【メリット】

  • 価格の安さ
  • 海外でしか販売されていないものが手に入る

【デメリット】

  • 修理やアフターケアが受けられない
  • 説明書が海外の言葉
  • 返品不可の場合あり
  • 本物かどうか疑わしい

という事が挙げられます。

多くの人が比べるのが「価格面の安さ」ですが実は注意点もあります。

価格が安い事はメリットなのですが「極端に安い場合」は注意が必要で、デメリットである「本物のブランドなのか疑わしい」という部分にも繋がります。

海外で展開されているブランドの商品を、そのまま買い付けになるので、日本で購入する場合と同じ保証が受けられなかったり、説明書が海外の物だったりと仕様が異なる事があります。

本物か偽物かの判断は難しい

メリットの価格の安さと、デメリットの本物かどうか疑わしいは隣りあわせでもあります。

正規のブランド価格、定価に比べて安い事から、偽物である事が否定できません。ネット上で見つけられた疑わしくなる点としていくつか挙げると、

  • 正規品の半額以下など極端に安い
  • オークションで1円スタートになっている
  • 大量に在庫を抱えている
  • 販売終了しているのに大量に物がある
  • 日本未発売なのに大量に品物がある
  • 限定商品なのに大量に品物がある
  • ショップのサイト内の日本語があきらかにおかしい
  • 説明文の日本語があきらかにおかしい
  • 説明文に句読点がやたらと多い
  • 句読点の位置があきらかにおかしい
  • 同じ漢字でも見慣れない感じが使われている

などが個人的になりますが見受けられました。(私の日本語もおかしかったらスイマセン)少し調べるだけでも並行輸入品についての情報がボロボロ出てきます。

もちろん100あるショップの内、100のショップ全て疑わしくて偽物なのかもしれないという事ではないのです。真っ当な並行輸入品ショップもあるようなのですが、

信頼置ける並行輸入品のショップが分からない

これが非常に大きな問題点となっています。

私が並行輸入品を買わない理由は

  • 信頼置ける並行輸入品のショップが分からない
  • アクセサリーを頻繁に買うものでもない
  • 少しの安さを引き換えに信頼は犠牲に出来ない
  • ブランド物を買う機会は少ない

になります。

極端に安い場合は自然と避けますが、アクセサリーは頻繁に買うものでもないですし、プレゼントとなると更に限られた回数になってくると思います。

ましてやブランド物となるとそうそう購入したり、プレゼントする機会は多くないですよね。

  • 本物か分からない価格の安い並行輸入品
  • 多少の値がはっても本物の正規品

の皆さんはどちらを選びたいですか?

値段の面でも極端に安ければ「偽物かもしれない」ですし、少しだけ安いぐらいなら、正規品のショップで購入したい、となると並行輸入品を選ぶ理由が無くなると言うわけですね。

また並行輸入品のブランド物とショップオリジナルのノーブランドの二つを比べて同じ価格の場合、ノーブランドでもオリジナルの方が安心して選ぶ事が出来ますね。

まとめ

技術の進歩によって偽物のブランド物だとしても正規品に似ており非常に精巧に作られており、素人判断では難しいと言われいます。

並行輸入品は、「本物のブランド」ではなく「本物かも知れないブランド」になる可能性があります。私の考えでは、○○ブランド風かもしれない、自信をもってブランド名を言えない、自信をもってプレゼント出来ないので、私的には今後も利用する事は無いでしょう。

完全否定はしませんが、価格に囚われるだけでなく「信頼」の面を大切にして選ぶようにして下さいね。