ただ嫌な訳じゃない「ペアリングが欲しくない」8つの理由

悩む表情の女性

ペアリングが欲しいとパートナーに言った時に、「ペアリングや指輪は欲しくない」と言われた方はいませんか?理由を聞けなくてがっかりする場面かもしれませんが、欲しくない理由と言うのがあるのです。

スポンサーリンク

勘違いしがちな事

欲しくないと言われて時に勘違いしがちなのは、あなたとだから要らないと思ってしまう事です。四六時中ケンカばかりしているのであればあり得る話ですが、欲しくない理由とは、欲しくないと言った本人の中の事情だったりするのです。なので、気落ちしたり、なんでと詰め寄るようなケンカをしない様にして下さいね。

欲しくない理由① 過去の苦い経験

以前お付き合いしていた方とのペアリングにまつわるジンクス的な物があると、ペアリングが要らない理由でもあります。

  • ペアリングを付けるとお別れしてしまったと言った経験

がある場合は、あなたとの関係を大切にしたいから、ペアリングは要らないと言った事にもつながります。

欲しくない理由② その時まで指輪は付けたくない

その時とは、マリッジリングの事です。

  • 指輪を付けると言う事が特別な事

と想っている場合には、結婚指輪と言うペアリングで付けたいのです。

欲しくない理由③ 肌が弱い、乾燥肌

汗などでも肌が荒れやすい、敏感肌の場合は出来る限り指をフリーにしておきたい物です。カサカサ肌でハンドクリームを良く塗る場合も、ペアリングが邪魔になる事もあります。

欲しくない理由④ 金属アレルギーである

過去に、ペアリングだけでなく、ネックレス、ピアスを付けて金属アレルギーを経験した方は、素材に慎重になっているか、貴金属は付けたくないと思っているでしょう。

金属アレルギーであれば話してくれると思いますので、「すごく欲しいんだけど、金属アレルギーなんだ」と言った、ペアリングに対して欲しい気持ちがある場合、病院でパッチテストを受けたりして、金属アレルギーをはっきりする事が大切です。

欲しくない理由⑤ 普段からアクセサリーを付けない

ペアリングに限らず、ジュエリーやパワーストーンなど全くアクセサリーを付けないから、付ける習慣が無いから、ペアリングに対しての気持ちが薄いのです。また、最初は付けてもいずれ付けなくなるから要らないと言った場合も同様です。

欲しくない理由⑥ 良く無くしてしまう

ジュエリーは大きなものではないので、無くす事もあるのですが、良く無くしてしまうからもったいないので要らない、と言った事ですね。無くし方にもよるのですが、置き忘れの場合には、置き方さえ工夫すれば、無くす確率を減らせます。

欲しくない理由⑦ 仕事でアクセサリーは付けられない

仕事内容によっては、ペアリングだけでなくアクセサリー類は禁止されている事があります。特に飲食関係であると異物混入、菌の混入対策の為に対策している事が多いでしょう。

欲しくない理由⑧ 手を良く使う仕事

仕事の内容で、手を良く使う場合には、ペアリングが邪魔になってしまう事があります。動作になるのですが、例えば、

  • 力を入れる
  • 細かい仕事をする
  • ペンキなどを塗る

と言った事ですね。特殊な仕事、伝統工芸や料理教室の先生なども当てはまる場合があります。

まとめ

  • 過去にペアリングにまつわる苦い経験がある
  • 結婚指輪を付けるその時まで指輪は付けたくない
  • 肌が弱く荒れやすかったり、乾燥肌でハンドクリームを常用している
  • 金属アレルギーの経験者
  • 普段からアクセサリーを付けないから要らない
  • ジュエリーは買っても無くしてしまう
  • 仕事でアクセサリーは付けられない
  • 手を良く使う仕事で、アクセサリーが邪魔になる

理由は人それぞれなので、氷山の一角かもしれませんが、この様な事も要らない理由だと思います。大体は解決できる内容ですが、過去に何かあった場合は深掘りしないで、ペアリング以外のアクセサリーを検討する事も大切です。

あなたとのペアリングが嫌なのではなく、理由があると言う事をポイントとして、理解してあげる事や、解決できる方法を選んでくださいね。