幅が広いペアリングと幅が狭いペアリングの特徴とは

幅の広い指輪と幅の細い指輪

ペアリングのデザイン選びで、幅というのがありますね。ペアリングの幅によっては、狭い幅と広い幅ではどちらも同じような考えで選ぶのではなく、選ぶポイントも変わります。

スポンサーリンク

ペアリングの幅によって変化する

単純に言うと、見え方ですね。細いペアリングでは、華奢に見え、幅が広いペアリングでは、存在感があります。

幅が広いペアリングの特徴として

  • 存在感、ボリュームがある
  • 彫刻する面が広くなるので、キラキラして見える
  • 存在感があるので、目がいきやすい

などの特徴がありますが、幅が狭いペアリングと比べると大きな違いは「目がいきやすい」事です。存在感があり目線が幅の広いペアリングに行き、指の太さが目立たなくなるとい言う事ですね。指や関節の太さが気になる人は、幅が広いペアリングも選択肢として挙がります。

幅が広いペアリングの選び方

指がぽっちゃりな方は平打ちだとお肉が盛りあがって壁になり目立つ事もあるので、

  • 甲丸のような淵の部分が丸くなっている
  • ウェーブのように動きがある幅が広いペアリング
  • 透かしがあるペアリング

の方が指が細く見える事が多くなります。透かしとは、ペアリングの隙間があり向こう側が見える事ですね。

物足りない方には最適

幅の狭いペアリングは、複数のジュエリーを付けている人には「物足りない」と感じることもあるので、存在感がありボリュームもあるので、見た目的にも満足いきやすいです。

幅が広い場合は、サイズに注意

リングゲージよりも幅が広いペアリングを選ぶと、同じサイズでもきつく感じる事があります。接地面が増えますし、指の動きが制限されるので、幅が広いペアリングのサイズ選び方としては、0.5号~1号上のサイズを選ぶのが一般的です。

幅が広いペアリングは、

  • サイズ感が、大きく感じる

事があります。

こんな場面では向かない

場面によっては、幅が狭いペアリングの方が良い場合が多いです。職業を選ぶというのは、幅が広いペアリングは存在感があるので、気軽な普段使いとは言えません。

その為、パーティーや、デート向けともいえます。また、テニスやゴルフと言った何かを握る場合には、幅が狭いペアリング以上に外さないと手、ペアリング、握る部分となるので怪我だけでなく、ペアリングのキズなども多くなりやすいです。ペアリングをしたままスポーツは推奨できませんが、外す場面が多くなるでしょう。

ぶつける事が多くなりやすい

面積が広くなるので、どこかにぶつかる可能性が多くなります。キズは時を刻んだ証にはなりますが、幅が広いとペアリング自体が大きくなるので、キズが目立つ事もあるでしょう。

幅が狭いペアリングの特徴としては

  • シンプルなデザインが多い
  • 動きのあるペアリングを選べば、指の太さに関係なく選びやすい
  • 種類が多い
  • 普段使いしやすい
  • 重ねづけも出来る

といった特徴があります。やはり幅が狭いので、さりげなく付けられる普段使いとしては、幅が広いペアリングよりも、幅が狭い方が付けやすいですね。

サイズは測りやすい

リングゲージは基本的に「幅が狭いリング状のゲージ」が多いので、リングゲージがあれば、幅の狭いペアリングのサイズは決めやすいです。また、ショップから借りるリングゲージも幅が狭いゲージが基本となっています。幅が非常に狭い場合のサイズは約2mmの幅や、重ねづけ前提のペアリングの場合には、0.5号から1号サイズを小さくして選ぶ事もあります。

余裕があるのとピッタリが良いのでは好みがありますが、

  • 幅の狭いペアリングは、サイズ感は広く感じる

と言う事になります。

指が太く見えると思いきや実は

動きのあるペアリングなどを選ぶことで、指が太く見えるというのを減らす事が出来るんです。ペアリングの幅と指の太さの見え方は、イコールにはならないんですね。どちらにも言えるのはバランス手が大きかったり、指が長い場合は、ペアリングと手のバランスが悪く感じる事もあるようです。スカスカ感があるとでもいいましょうか。この場合は、幅を広くすることで、バランスが良くなることもあります。

見た目で選んでもOK

指の太さを気にしない場合には、満足感や付けている!と言った事も大切です。派手な方が良い場合は、幅が広いペアリングを選んで、シンプルなペアリングが良い場合は、幅が狭いペアリングを選ぶなど、好みも犠牲にしすぎないでくださいね。

幅の広い、狭いの目安としては

  • 約5mmの場合は、幅が広い
  • 約2mmの場合は、幅が狭い

といった目安になります。リングは1mmの幅が変わると結構サイズが変わったように感じます。また、一般的なリングゲージは、約3mm程度となります。

好んでつけられるペアリングを

ペアリングの幅は、選びやすさもありますが、何処に付けていくか、指のサイズに合わせて意外にも、「好んでつけられる」と言う事が最終的には大切なのではないでしょうか。気に入らない幅のペアリングよりも、お気に入りになる幅のペアリングもポイントに選んでくださいね。