ペアリングはどっちが買う?冷静に考える2つのポイント

レジの前

ペアリングを購入する時にどっちが買うか悩んでいる方もいるかと思います。ポイントになるのは、現実的な部分と、想いの部分の2点になります。

スポンサーリンク

先入観で考えすぎない方が良い

彼氏が買うのが当たり前とか、割り勘が良いとか、自分だけの先入観で考えてしまうと、気兼ねなくペアリングを付けられないですよね。

現実的な部分 金銭面

お金の面は、「収入がどれだけあるか」で変わってきます。カップルのお二人が、

  • 学生と学生
  • 社会人と学生
  • 社会人と社会人

と言った収入に関する面が、ライフスタイルによって違うので、どっちが買うかが変わります。この金銭面が現実的に考えてどっちが買うかの目安になります。

想いの部分 プレゼント

プレゼントする場合は、プレゼントをする側が買います。これはどっちが買うと言うよりも、誕生日などでパートナーの祝い事になるので、プレゼントする側が買わないとプレゼントになりません。ただし、○周年記念などの2人での記念日の場合は、2人でプレゼントしあうのも良いですね。

想いの部分 2人で選ぶ場合

プレゼントをする、されるではなく、2人でペアリングを選ぶ場合は、どっちが買うかもあるのですが、お互いがペアリングをプレゼントとして買うと言うのもポイントになります。ペアでの購入になるので、少しお安くなる事もありますので、細かい部分を上乗せして男性が購入してあげると良いかも知れません。

どっちが購入するかに決まりは無い

男性が買って当たり前とかは、その人の考え方次第ですが、どっちが買う事を考える時には、仕事や学業などの現実的な面を考えると、冷静にペアリングを購入する事が出来ると思います。