この手があった!サイズを調べずにペアリングをプレゼントする方法

バラの花束

ペアリングをサプライズでプレゼントしたい場合に壁となるのが「サイズ」の問題ですね。こっそり測るという手も紹介していますが、どれもダメだ!って場合には、こんな手もあるんです。

スポンサーリンク

ペアリングはプレゼントしない

「え?」と思われる方もいるかもしれませんが、答えは「ペアリングはプレゼントしない」と言う事なんです。ではどういう事かと言うと、

  • サイズを測る為の道具を用意する

という事ですね。では手順を解説します。

①リングゲージを用意

まずは、リングゲージを用意します。リングゲージは、1号から30号まで測れるのを用意れば問題ないと思います。

②リングゲージが入るケースなどを用意

リングゲージを包装する為の、ケース、包装紙、クッション材、シールなどを100円均一で問題ないので、用意します。

③包装する

指輪だと思って包装しましょう。実際にリングゲージをプレゼントする訳ではありませんが、不器用でもかまいません。運んでいるときにグチャグチャにならないように固定出来るのが良いでしょう。

④渡す時の言葉を決めておく

実際にパートナーに渡して、開けた時に「ん?」「リングゲージ?」と?の顔になると思いますが、この時の言葉を決めておきましょう。

「ペアリングをプレゼントしたかったんだけど、サイズが分からないから測って一緒に買いに行こう」

などの言葉ですね。

ペアリングではなく、リングゲージを渡す事で

リングゲージを渡すメリットとしては、フィットするサイズが見つかるデザイン、種類など好みの物を選んでもらえると言った、壁となる部分が解消されるのが大きなメリットです。

デメリットとしては、サプライズ感が薄くなると言う事ですね。

ペアリングではなく、リングゲージを渡すことで、サプライズ感は薄くなりますが、ペアリングのサプライズプレゼントの壁になる、サイズ、デザイン、素材の種類など、壁になるのがすべて解消されます。

あくまで最終的な手段として

リングゲージを渡すことで、メリットが大きいですが、彼女、彼氏、パートナーの指輪のサイズが分かるのであれば、サプライズとしては、確実に大きな喜びとなります。

どうしてもサプライズでプレゼントしたいとこだわりがあるけど、指輪のサイズはどうやっても分からない場合には、リングゲージを渡して、一緒にペアリングを買いに行くという手段を選びましょう。

邪道ではあるが確実性は増す

ちょっと邪道に感じますが、確実性としては「あり」なペアリングのサプライズプレゼント方法のひとつではないでしょうか。

サイズを確実にしたい、デザイン性などをパートナーの好みにしたい場合には、一つのの方法になります。