シンプルイズベスト?シンプルなペアリングのメリットデメリット

シンプルなペアリング

ペアリングのデザインの中でも、最も多いと思われるのは、シンプルなデザインだと思います。迷ったらシンプルなデザインを選べばよいとは思いますが、実際にシンプルなペアリングのメリットとデメリットを出して行ってみましょう。

スポンサーリンク

シンプルなペアリングとは

シンプルの意味は、単純、飾り気のない、簡素と言った意味があります。これをペアリングと合わせると、

  • 飾り気のない簡素な、2人の指輪

と言った意味合いですね。それでは、この意味も踏まえてメリットデメリットを書き出してみます。

メリット① 人を選ばない

シンプルと言う事は、人を選ばないで販売できる事にもつながるのではないでしょうか。万人向けという事ですね。ペアリングに限った事ではありませんが、派手が好きでも、地味が好きでもシンプルなペアリングというのは、人を選ばないで付けやすいペアリングと言えます。

メリット② 種類が豊富

販売するショップ側としても、売れやすいこともあるのがシンプルなペアリングだったりします。という事はシンプルなペアリングというのは、種類が豊富なことにも繋がります。

シンプルなのに種類が豊富って矛盾しているようにも聞こえますが、シンプルな部分にプラスしたデザインだったり付加価値があるので、全く同じとはなりにくいです。また、硬い素材もシンプルなデザインのペアリングが多いです。

メリット③ 場所を選ばず付けやすい

派手ではない分、さりげなく場所を選ばないで付けやすいのもメリットですね。社会人となると、派手なペアリングを付けずらい場合も出てくるので、シンプルなペアリングは、年代に関係なく、場所を選びやすいです。

デメリット① 個性は弱い

これが目立つデメリットだと思います。個性的なペアリングを選ぶのであれば、シンプルなペアリングを避けた方が良い場合もありますね。選び方によっては似ているペアリングになるので、誕生石や刻印で個性を出す様になるでしょう。

デメリット② シンプルなペアリングでは物足りない

シンプルなペアリングは、アクセサリー好きには物足りないと感じる方もいるでしょう。そんな時には、重ねづけをしたり、フォーマルな場面で使用したりと、付けるシーンを変えると良いですね。

まとめ

  • 人を選ばず付けやすい
  • 種類が豊富で、選ぶ幅もある
  • ライフスタイルを選ばず付けやすい
  • 個性的なシンプルなペアリングは少ない
  • 人によっては、物足りなさも感じる

シンプルなペアリングは選びやすいのが良いですよね。あまり派手ではないですが、2人の生活環境や、初めてのペアリングとしては、選びやすいペアリングのデザインなので、迷った場合は、シンプルなペアリングを探してみると、違った面が見れるかもしれませんね。