ずっと付けっぱなしにしてない?ペアリングを外す理由とは

胸に手を当てる

ペアリングは肌身離さず、ずっと付けているイメージがありますが、実際は何かをする時は、外す方が衛生的にも良いのです。ペアリングを外す事をせず、肌身離さず付けている場合は、注意が必要なんです。

スポンサーリンク

ペアリングを外さない事と気持ちは関係ない

大切なペアリングは肌身離さず付けていたいものですが、大切だと思う気持ちと、外す事は別問題ですよね。外したからと言って、気持ちも離れるなんて事はありません。

ペアリングを外す事は、指も守る事になる

ペアリングを外すことは目で見て分かるほどではないかもしれませんが、指を守ることにもつながります。いくつか外す場面としては、

  • 手を洗う
  • お風呂に入る
  • 食器を洗う
  • ハンドクリームを塗る
  • 化粧をする
  • 細かい手を使う趣味がある
  • 仕事で工具などを使う
  • 寝る

など色々あります。これらに共通する事は、

  • 指を使用する
  • 水や洗剤を使用する

という共通点があります。

ペアリングを外す事のメリット

ペアリングを外すことで、いくつかメリットが出てきます。

手を隅々まで洗える

接触性皮膚炎などの手荒れを減らす

ペアリングのキズを防止できる

等があり、大まかに分けると、手荒れとキズ、汚れの防止です。ペアリングに傷が付いてしまう事が嫌だったり、ペアリングを付けている指がかゆいなどを経験した場合には、家にいるときは外して清潔にする事が大切です。

外さないでおくとこんな事態も

ペアリングを外さずに寝てしまった場合なんかであると、起きた時にペアリングが食い込んでしまい痛くなったり、抜けなかったりという事態もありますので、寝る時などの、むくみやすい時間帯を長時間放置してしまう事のないようにしましょう。

家に帰ったら、外す習慣を付けると良い

ずっと付けている事が大切なのではなく、気持ちが大切です。ペアリングがぴったりすぎる方は、むくみも考えて定期的に外して、指もペアリングも清潔にして、綺麗な状態で付けて下さいね。