意外に使っていないかも?ペアリングの収納・保管道具を選ぶポイント

ペアリングは付けている時間が長くなる方も多いと思いますが、ペアリング、指輪の種類が増えるほど、お気に入りは長く使用して、付ける時間が短いペアリングは、ただ置いてあるだけなんて事は、寿命を縮めてしまうことになります。

スポンサーリンク

普段のお手入れと共に

ペアリングで、仕事では付けられない、デート以外では保管する方は、お手入れと共に、正しい保管の方法を知っておくことで、長く愛用できることにもつながります。

収納は短期間、保管は長期間

考え方としては、

  • 収納は短期間で、しまっておく事
  • 保管は、長期間で、しまって管理する事

になります。手順は、ジュエリークロスなどでお手入れをしてから、収納・保管道具を使用する事が一般的ですね。

収納・保管する道具① 小物入れ

小物入れに入れておくと言う大雑把ながら簡単な方法です。用途としては、

  • すぐ使う
  • 一時的に外す

などの短期間の収納として使用します。テーブルに置くよりも無くす確率が減るので、家にある物を活かす意味でも小物入れも選択肢としてあがるでしょう。

収納・保管する道具② ジュエリースタンド

小物入れの上位版と言ったところでしょうか。蓋は無いので、

  • ペアリングを掛けて短期間の収納

として良いでしょう。これもテーブルに置くよりは良いですし、ジュエリースタンド自体も可愛いインテリアになるので、デザイン性で選んでも良いですね。視認性が良いのもポイントです。

収納・保管する道具③ コレクションケース

指輪専用のコレクションケースは、収納にも保管にも使用できます。コンパクトながら多くのペアリングや指輪を入れられるので、数が多く持っている方向けですね。使用頻度が多くなると、他の収納道具の方が使用しやすいと思います。

収納・保管する道具④ ジュエリーポーチ

ジュエリーポーチは、旅行や、持ち運び用の収納として便利ですね。ちょっとしたポーチでも専用のポーチがあれば、キズや汚れを付く事を防ぐ事が出来ます。

収納・保管する道具⑤ ジュエリーボックス

ジュエリーボックスは種類が豊富なので、用途によって使い分ける事が出来ます。置くタイプ携帯タイプ窓付きの中身が見えるタイプ鏡が付いてるドレッサータイプ鍵付きタイプと言った様に種類も豊富なので、大きさや、収納、保管の用途別に分ける事が出来ます。

基本的には、ペアリングなどのリング以外にもアクセサリーを持っている方向けとなりますね。

収納・保管道具の中素材として

中の素材によって、ペアリングにキズが付きにくくなるので、長期の保管や、出し入れの多い場合には、素材も1つのポイントになります。主な種類は

  • スエード(調)
  • 天然皮革の牛革
  • 合成皮革

が主な種類となっており、特にスエード素材はメジャーな素材です。

ペアリングの収納・保管用具を選ぶポイント

ポイントになるのは、

  • 一時的な収納として使用するのか
  • ローテーションする為、保管するの
  • かペアリングなど指輪のみか
  • アクセサリー類も一緒

に分かれると思います。いくつか例を挙げてみると、

  • ペアリングの単体であればリングケース
  • 複数のリングであればジュエリーボックス
  • 化粧と共にチョイスしたい場合は、ドレッサータイプ
  • 一時的の収納であれば、ジュエリースタンド
  • 他のアクセサリーも一緒に収納であれば、ジュエリーボックス

と言った様な感じですね。収納や保管の用具に関しては種類も豊富で、敷居も低いので、持っているアクセサリーの数によって決めたり、デザインで決めても良いですね。

大切なペアリングはショップ付属のBOXへ

基本的には、ペアリングを購入した時に付属のBOXが保管に適しています。ちょっとした出し入れとしては、他の収納道具が良い場合もありますが、ペアリングやアクセサリーの個数が特別多くない場合には、ショップ付属のBOXを活用してくださいね。