付け方気にしてる?ペアリングを付ける正しい順番とは

色々な動作

ペアリングを付ける時に、目に入ったから付けるとか、起きたら付ける、玄関を開ける前に付けるなどいろいろありますが、実はこの付け方には、最適な順番があるんです。

スポンサーリンク

動作の中での付け方

起きてから寝るまでの中で、いろいろやることがあると思います。学生と社会人では内容は違いますが、「何かしらやる事」がありますよね。この一日の動きの中で、ペアリングを付ける順番としては、最後というのが付け方の基本なんです。

起きてから玄関を出るまで何をするか

ペアリングを付け外しするのは、多くの方が家の中になると思うのですが、この家の中で起きてから玄関を出るまでの間に、どんな動作をするでしょうか。

  • 布団(ベッド)から出る
  • 歯を磨く
  • 朝シャワーを浴びる
  • 洗濯をする
  • 顔を洗う
  • お手洗いに行く
  • 朝ご飯を作る
  • 朝ご飯を食べる
  • 弁当を作る
  • 食器を洗う
  • お化粧をする

などいろいろあると思いますが、この中の動作の中にペアリングを付けるのはいつになるでしょうか。

ポイントになるのは、手を使うという事

お気に入りのペアリングを忘れず付ける事、に気が向いてしまっていると、すぐペアリングを付けたくなると思いますが、

  • 手を使う事が終わってから最後にペアリングを付ける

という付け方の手順が推奨されているのです。

なぜ最後に付けるのか

付け方の手順が最後の理由としてはペアリングを付けたまま、化粧をしたり、ヘアスプレーで髪をまとめたりすると、ペアリングにも化粧品類が付いてしまうので、くすみや変色と言ったダメージを与えてしまうことになります。

丈夫なダイヤモンドでもくすみの原因になります。シルバーであると果物の汁によって酸化することがあるので、石だけでなく、金属の素材にもダメージが及ぶのです。

輝きを失わない為に!誕生石の取り扱いと12個の弱点
誕生石には、取り扱いにあたって、種類ごとに弱点となるポイントがあります。この弱点は、ペアリングの爪に付いている誕生石でも、中に埋め込まれ...

お手入れでも厄介な事に

ペアリングの付け方次第では、金属の素材や、宝石、誕生石の中には、お手入れをする際に厄介だったり、面倒なことにもつながるんです。普段のお手入れは、柔らかい布で拭けばいいのですが、ジュエリークリーナーや、超音波洗浄機に向かない誕生石がついたペアリングであると、ジュエリーショップにクリーニング依頼をする事にもなります。

これって手間がかかりますよね。このお手入れに対する手間を減らすためにも、何かをするときは、ペアリングを付けない事が良いのです。

できる限り最後が正しい付け方

あれこれ考えないで、

  • 用意が整ってから最後に付ける事

を意識することで、汚れや、傷、お手入れの手間を減らすことにつながります。普段付けっぱなしの方でも、何か手を使う場合には、ペアリングを外してから行ってくださいね。