高ければ良い分けではない!ペアリングの値段の決める5つの方法

電卓

ペアリングの値段は、欲しいペアリングの値段とはいきませんよね。学生の方や、社会人の方まで、幅広い年代と環境がそれぞれ違います。そこで、ペアリングの値段を決める方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

ペアリングの値段の決め方

値段を決める時にまずポイントにして欲しいのは、

  • 値段が高くて重くならない事
  • 気兼ねなく付けられる事

も大切なポイントになります。値段が高ければ良いとは限らない事になりますね。

値段の決め方① 一般的な相場で決める

ペアリングの相場として、購入者の年代によって価格帯が変化しています。極端な価格差はありませんが、目安としては参考になるでしょう。

値段の決め方② 付き合いの月日年数で決める

付き合い始めてから、数ヶ月なのか、1年なのか、5年なのかと言った様に、付き合いの期間が短い場合は、ファッションリングとしても気軽に付けられるペアリングを選んだり、年単位の場合は、少し金額を上げてみても良いですね。

値段の決め方③ イベントの重要度で決める

1年365日の中で、行事やイベント、そしてカップルだけのイベントまで様々なイベントがあります。その中でも特別大切にしたい日にペアリングを購入予定であれば、値段を上げても良いですし、大切な日の為に、値段を下げると言った判断も良いです。

値段の決め方④ ブランドで決める

ブランドによってペアリングは、値段に差があります。同じ素材だとしてもですね。ハイブランドにするのであれば、値段は高価になり、定番ブランドであれば、リーズナブルな値段が多くなります。

値段の決め方⑤ 価格を抑えてしまう

ケチではなく、ペアリングの値段は抑え目にして、旅行したり、おいしい食事をしたり、と言った様に、デート費用に回すという事ですね。サプライズでプレゼント予定の場合は、ペアリングの価格をちょっと抑えて、デートを豪華にすると言う手もありますよ♪

まとめ

  • 一般的な価格帯で決める
  • 付き合いの期間、短い、長いで値段を決める
  • 365日のイベント、2人だけのイベントで決める
  • ブランドの名前で決める
  • 価格は抑えて、デートを豪華にする

ペアリング値段は、最終的には、「購入できる値段」になると思いますが、ペアリングを購入して金欠になり、デートが出来ない・・・とならない様にも、私としては、価格は抑えて、ちょっと良い食事をするのも良いのではないかと思います。購入した後の事も少しだけ考えてみると、ペアリングの値段も決まって来ると思いますよ♪