実は人気が高い素材!ステンレスのペアリング3つの強み

ステンレス素材

ステンレスと言う名前を聞くだけだと、ペアリングに結び付かない方も居るかも知れません。しかし、ステンレスのペアリングは、シルバーほどメジャーでは無いかも知れませんが、人気の高い素材の一つなのです。

スポンサーリンク

ステンレスって台所の?

ステンレススティールを略称としてステンレスと呼んでおり、台所の流しもステンレスですが、違うステンレスになります。ペアリングに使用されるステンレス素材は、サージカルステンレス316Lというのが主なペアリングのステンレス素材になります。

このサージカルステンレスとは、元々金属としての名称ではなく、サージカル(surgical)、外科の、手術のと言った意味合いがあり、医療で使用される為に加工を施した、医療用ステンレスの総称を、サージカルステンレスと呼んでいます。

サージカルステンレスの特徴として

ペアリングの素材として使用されるステンレスの中で、最も耐食性の高い素材が、サージカルステンレス316Lと言われています。SUS316Lと言った表記もあります。

1つ目の強み 錆びにくくキズが付きにくい

ステンレスは、ステン(stain)、サビ、汚れレス(less)、少ないといった意味があり、サビや汚れが少ない金属として、ステンレスとの名称が付いています。ステンレスの中でもサージカルステンレスは、

  • 錆びにくく、硬度が高い

ので、キズが付きにくいという特徴があります。ペアリングを購入した時の状態を長く保てる素材の一つですね。

2つ目の強み アレルギー反応を起こしにくい

特にサージカルステンレス316Lは、金属アレルギーの原因と言われる、イオンが溶け出しにくい為、金属アレルギーを起こしにくい素材としても注目ポイントです。

3つ目の強み お手ごろな価格帯

サージカルステンレスは、医療などのメディカルツールとしても使用されるので、高価なペアリング素材に感じるかもしれませんが、種類によって、例えばシルバー素材よりもリーズナブルな価格で購入する事が出来ます。

迷ったら、サージカルステンレス316Lも注目

ペアリングのステンレス素材の中でもサージカルステンレス316Lは、医療でも使用されている事で、信頼度の高い素材でもあります。デザイン的にはシルバーの方が豊富な事もありますが、ステンレスの特徴から、キズや汚れに強いので、日常的に使用するには、価格もお手ごろで、使用しやすいペアリング素材のひとつになります。