ペアリングの定番な素材と言えばコレ!シルバーの特徴とは

シルバーのペアリング

ペアリングの中でも、定番と言える素材のシルバーは、多くの種類があり、人気のあるペアリングの素材です。このシルバー素材は、柔らかい部類の素材の為、加工がしやすくデザインに自由度が高い事が見受けられます。

スポンサーリンク

シルバーにも純度がある

シルバーは大きなくくりになっていて、ペアリングのメインとなるシルバーは、

  • シルバー925

になっており、スターリングシルバーとも言われています。

シルバー925は、銀と他の素材である、銅などの素材が混ざる事により作られるシルバーで、銀が92.5%、銅などが7.5%の配合で作られています。

銀と銅などを混ぜる理由

純粋に100%銀ではないのですが、銀をケチっているという訳ではないのです。理由としては、

  • 強度を上げる
  • 変色しにくくする
  • ピンク色などのカラーを出したりする

という理由があります。

純銀だと柔らかいので、リングにしづらい、加工しづらい素材である為、ペアリングにする為に銅などを混ぜることにより強度を上げる目的がメインでしょう。広く利用出来るペアリングにする為には最適な、銀合金と言えるのがシルバー925になります。

シルバーの特徴

シルバー925のペアリングは、非常にデザインや種類も豊富で、有名ブランドでも多くペアリングの素材として使用されているのですが、ブランド名が付く事で価格が上がる場合があります。

お手入れをしないと変色してしまったり、柔らかい素材なので、キズが付きやすい素材ですが、そのキズが愛着が沸いたり、月日が流れたということにも繋がるので、神経質になりすぎる事はありません。

シルバーは、見た目以上にお手入れが気楽

基本的なお手入れ方法は、実は気楽だったりするんです。

①変色、黒ずみ

シルバーは、何もお手入れをしないままだと、黄色っぽくなり最終的に黒く変色してきたりします。お手入れの方法としては、

  • シルバー用、ジュエリー用の研磨剤の入っているクロスで磨く
  • 専用のクリーナー液を使用する

事で元の輝きを取り戻す事が出来ます。複雑な彫刻などがある場合は、専用のクリーナー液の方が、綺麗になります。

②キズ

素材としても柔らかいので、日常使いでキズが付く事があります。深い傷は100%元に戻す事は難しいですが、キズのお手入れ方法は、シルバー用、ジュエリー用の研磨剤の入っているクロスで磨く事で、キズが目立たない状態に出来ます。

コーティングしてある場合を除いて、磨く事が基本になるので、神経質にならずに磨ける手軽さも魅力の一つですね。

シルバーは定番なペアリング素材

シルバー素材の中でも、シルバー925は、ペアリングでも定番の素材になっています。特にブランドにこだわりがなければ、手ごろな価格帯と言う事も気軽に付けられるのも人気の1つです。