純粋や永遠を象徴するプラチナペアリングの特徴とは

手を合わせる新郎新婦

プラチナと言えば、マリッジリング、エンゲージリングとしてのペアリングとしてのイメージが強いのではないでしょうか。気軽に購入するには高価なペアリング素材になるので、特別な日に選びたいのがプラチナですね。

スポンサーリンク

プラチナとはどんな金属?

ゴールドよりも希少価値のある白金の金属で、英語表記ではplatinum(プラチナム)となります。

白い光沢を放つ美しい金属で、プラチナの希少価値などから、

  • 純粋、永遠を象徴する金属

として、マリッジリングやエンゲージリングで選ばれることの多いペアリング素材になります。

プラチナの純度を表す表記

プラチナは、純プラチナと呼ばれる、混ぜ物のない純粋なプラチナのままだと柔らかい為、ペアリングとして加工しづらい素材でもあります。その為、パラジウムやルテニウムなどを割り金として混ぜて、リングとして使用しやすい状態に加工します。

プラチナの指輪には、純度や日本の基準、国際基準で表記が変わります。1,000分立のパーミル(‰)であらわされているので、下記の様になります。

  • PT950、950‰がプラチナで、50‰がパラジウムやルテニウムなどの割り金
  • PT900、900‰がプラチナで、100‰がパラジウムやルテニウムなどの割り金
  • PT850、850‰がプラチナで、150‰がパラジウムやルテニウムなどの割り金

が代表的なプラチナの純度表記になります。

プラチナジュエリーと呼ぶには、

  • 日本では、PT850以上が、プラチナジュエリー
  • 国際基準では、PT950以上が、プラチナジュエリー

と呼ぶ事が出来る純度になります。日本での流通しているプラチナの純度は、900‰が最も流通していると言われています。

プラチナのリングには一点物のオーダーメイド以外には、PT900などの刻印が必ずあるのも特徴です。

プラチナの特徴

プラチナは、希少性があり、純粋、永遠を象徴する金属で、強度的には柔らかい金属になります。

純粋にプラチナだけのペアリングが欲しい方もいるかと思いますが、価格の事は除外して話しますと、純プラチナの指輪をはめたまま、拍手をすると変形すると言われるほど柔らかい素材でもあります。柔らかい素材という特徴は、ゴールドに似ていますね。

強度は期待できない場合も

柔らかい金属と記載しましたが、純度が上がるほどプラチナの量が多くなるので、強度を求めるとなると他の素材の方が良いでしょう。

プラチナのペアリングの形状が、細い場合は変形の可能性もありますので、デザイン性も注意したいポイントです。

プラチナの優れている点

プラチナは白金が摂れる場所が限られているので、希少性が高いのですが、使用するユーザー側としては、

  • 温泉の硫黄
  • 手の汗
  • 家庭での漂白剤

などで変色がなく、永遠の輝きを保つと言われています。この変色しない他、摩耗に強い為、維持、管理として他の金属と比べた場合でも優れています。

プラチナのペアリングは本当に特別な日に

ペアリングの素材の中でも高価な上に、一般的な感覚では気軽に付けられないペアリングのひとつです。ゴールドよりも純度が高いので、科学的にも安定し金属アレルギーの面からも優れていますが、購入するとしたら、価格面としてだけでなく、純粋、希少、永遠を表すプラチナは本当に特別な日になるでしょう。