カラーでペア感が高まる!ゴールドのペアリングの特徴と種類

ゴールドのペアリング

ゴールドのペアリングは代表的な素材の一つです。ゴールド素材は、幅広く種類があり、金のインゴットなどは、噛みつくと歯形が残ったり、薄い板状であれば、手でふにゃふにゃになってしまうぐらい柔らかい素材でもあります。

スポンサーリンク

ペアリングに使用されるゴールドは

インゴットの様な純金のゴールドをそのままリングとして加工は出来ても、とても日常的に使用するような強度を持たせる事が出来ません。その為、シルバーと同じく、純金に銀などの他の金属を混ぜて強度を持たせることで、ペアリング素材として使用しています。

一般的に出回っているペアリングのゴールド素材は、純金ではないということになります。

ゴールドペアリングの種類

ゴールドが使用されているペアリングの種類は豊富なので、以下に表記していきます。

  • K18、18金、75%がゴールドで、残りの25%が銀や銅の地金
  • K14、14金、約58%がゴールドで、残りの約42%が銀や銅の地金
  • K10、10金、約42%がゴールドで、残りの約58%が銀や銅の地金

が代表的なゴールドの金属の表記と割合になります。補足として、Kの表記は、カラット(質量の事)で、

  • 日本で製造されたものが、数字の前にKが付く
  • 海外で製造された物が、数字の後にKが付く

ようになります。とはいえ必ず表記しなくてはいけないと言う決まりが無い為、全く知らないようなショップではなく、信頼のおけるショップで購入する事が大切ですね。

○○ゴールドの種類について

ペアリングで、○○ゴールドなどの種類があります。これらはカラーゴールドと言われており、代表的なカラーゴールドを以下に表記します。

  • イエローゴールド(YG)
  • ホワイトゴールド(WG)
  • ピンクゴールド(PG)

どれもゴールドのペアリングよりも柔らかい印象を与えてくれるカラーでもあります。ペアリングでは、女性と男性で、カラーの違いを出して、よりペア感を高めてくれますね。

どうやってカラーを付けるの?

カラーの付け方としては、割り金と呼ばれる銅や、銀の配合量によってカラーが変わります。銅の配合量を増やして、ピンクゴールドにしたり、銅を配合せず、パラジウムの配合によって、ホワイトゴールドにしたりと、絵の具の様なイメージです。

配合する量は合金をする企業により違いがあるようです。他のカラーとしては、レッドゴールド、グリーンゴールド、パープルゴールドなど、一般的にはお目にかかる事はないようなカラーゴールドも存在するようです。

ゴールドのペアリングの注意点としては

やはり割り金と呼ばれる混ぜ物をしているので、金属アレルギーに注意です。ゴールドは平気と言う方でも、金の割合が少なくなると、他の混ざっている金属が増えるので、金属アレルギーの症状が現れてしまう事が考えられます。

皮膚が弱い方や、金属アレルギーの心配がある方は、ゴールドの比率の高いペアリングを意識して選ぶに注意しましょう。

ゴールドは種類が豊富なペアリング素材

ゴールドのペアリングは、金色だけでなく、カラーゴールドとしても幅広く販売されています。工夫次第では重ねづけなど、ペアリングながらファッションリングとしても付けて楽しめそうですね♪