手軽にイメージしちゃう♪欲しいペアリングを指に付けるアイディア

考える女性

ペアリングを購入する場所として、ネットショップがありますが、ネットショップでは実際に付ける事が出来ないのがデメリットではあります。実際に指に付けることは出来なくても、イメージとしては家でも気軽に出来たりするんです。

スポンサーリンク

100点とは言えない

このアイディアは、手軽なんですが、100点とは言えません。アイディアなので「参考イメージにする」という点では良いと思います。鵜呑みにしすぎるのはダメですが、付けるイメージとして利用してみて下さい。

実際に付けるイメージは「コピー」をする事

欲しいと思ったペアリングや、迷っている場合は、カラーコピー機でコピーする事ですね。カラーコピーをしてペアリング部分を切り抜いて指に合わせてみます。カラーコピーであれば、色々見えてくる部分があります。

イメージ① ペアリングの色が肌に合うか

肌の色とペアリングの色の合わせ方もありますが、実際に見て付ける事をしないと、好みや分からない部分もありますよね。実際のペアリングの色には劣りますが、ショップの写真は高画質で撮られている事が多いので、100%同じ色とはいきませんが、似た色は出せると思います。

イメージ② ペアリングの幅を確かめる

ペアリングの写真のサイズは大きいサイズになっている事が多いので、リングサイズは確認できません。その時にペアリングの幅を確かめるのであれば、表記サイズを定規で測って切ってしまった方が楽です。パソコンの設定に詳しい方であれば、実際のサイズになる様にコピー設定しても良いでしょう。

少しずつ調整してコピーする事で近づける事も出来ます。

イメージ③ ペアリングの形状

厚さやサイズはイメージが掴めませんが、Vラインやウェーブなどのライン形状をイメージとして確認できます。ライン形状によっては見え方が変わるので、購入前にラインの付けるイメージを掴めるのは良いです。

より高画質にコピーするのであれば

印刷するとなると気になるのが画質ですが、一般的な印刷用紙ではなく、光沢紙インクジェット紙で印刷すると一般紙よりも高画質になります。コピー機のメーカー説明書にも「高画質の設定の項目」があると思いますので、説明書を読む事も高画質に出来るポイントです。

また、透明の用紙もあるので、こだわりたい方は透明のコピー用紙を活用してみるのも手ですね。

今回のアイディアは著作権は大丈夫なの?

安心してください、合法です。商品画像の利用、プリントアウトに置いては、個人所有のコピー機でコピーし、鑑賞するなどの個人利用の目的場合は、文化庁の著作権法第三十条の「私的利用の為の複製」により認められています。当たり前ですが営利目的の場合は違法となります。

今回のアイディアで言うと、自宅で印刷して、ペアリング部分をハサミで切って指に合わせてみる事になるので、個人利用となります。詳しく知りたい場合は、文化庁の著作権法第三十条と質問箱というQ&Aをご覧くださいませ。

著作物が自由に使える場合 文化庁

http://www.bunka.go.jp/chosakuken/gaiyou/chosakubutsu_jiyu.html

著作権なるほど質問箱 文化庁

http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/answer.asp?Q_ID=0000380

大雑把だけどイメージは掴める

かなり大雑把ですが、ペアリングを付けるイメージとしては掴めると思います。100点満点ではありませんが、余っている光沢紙やインクジェット紙がある場合は、ペアリングの購入前のイメージ図として利用してあげてみてはいかがでしょうか。