神経質になってない?意外にシンプルなペアリングの保管方法と注意点

考え込む女性

ペアリングの保管方法は、短期間しまう収納とは違い、しまって長期間の管理になるのが保管なので、保管方法が適当になると、しまって久しぶりに確認してみると、輝きがない・・・なんて事にもなるんです。

スポンサーリンク

基本的な保管方法としては

保管方法の考え方はシンプルで、「お手入れして保管する」事なんです。これが基本的な保管方法なんです。身近な指紋などの汚れや、水気をとって保管なのですが、ペアリングは、

  • 金属のみ
  • 金属の種類
  • 金属と宝石
  • 金属と宝石類の種類

と言ったように、色々な種類に分かれます。全てにおいてお手入れするは間違ってはいないのですが、ペアリングの内容によっては、保管方法が少し違うので、紹介したいと思います。

ペアリング全ての基本形となる保管方法は

  1. お手入れをして綺麗にする
  2. ジッパー付きの袋に入れる
  3. 動かない、ぶつからない様に、単体で保管する
  4. 蓋をすると言った事が

保管の基本となるポイントです。柔らかい布などで汚れを取ってきれいにして、固定できる蓋つきのジュエリーボックスなどに、収納して保管するといった形になります。

シルバー素材は、外気を遮断する

他の金属も同じですが、その中でもシルバー素材は、空気中に少しだけ含まれる科学成分などで、酸化して黒くなります。付けても付けなくてもほったらかしにすれば、黒く酸化するという事になるので、保管する際には、

  • 綺麗にお手入れしてから、ジッパー付きの袋に入れて空気を抜く事

がポイントになります。

【シルバー素材の保管手順】

  1. 汗や指紋をキレイにふき取る
  2. 黒ずみや黄ばみがある場合は、磨く
  3. ジッパー付きの袋に入れて空気を抜く
  4. 単体で固定できるフタ付きのケースに入れる

といった手順になります。シルバー以外のペアリング素材は、「②黒ずみや黄ばみがある場合は、磨く」の部分を抜かしてもらえばOKです。

誕生石が付いているペアリング

誕生石については、正しいお手入れ方法で綺麗にしてから保管することになりますが、真珠、オパール、サンゴについては、他の誕生石と少し変わります。お手入れをするところまでは、一緒で、

  • 衣類の乾燥剤に注意する
  • 高温の場所に置かない

と言った事には、特に注意が必要です。真珠、オパール、サンゴは乾燥するとひび割れや変色と言ったことになり、真珠だと、粉になっているなんて事もあるようです。日本の多湿な環境ではシビアになりすぎる事はないのですが、住まいによって環境が違うので、高温になって水分が飛んでしまわないようにしましょう。

【誕生石の保管手順】

  1. 石がぐらついていたりしないかチェックする
  2. 汗や指紋など汚れをキレイにする
  3. ジッパー付きの袋に入れて空気を抜く
  4. 単体で固定できるフタ付きのケースに入れる

と言った手順になります。ただし、真珠などはダイヤモンドなどとは違い、劣化していく宝石でもあるので、出来る限り使用してあげてくださいね。

注意すれば良い点としては

あれこれ悩まず、注意する点としては、

  • 過酷な環境に置かない事

です。私たちも、ジメジメしたり、気温が高いと不快になりますよね。それと一緒なんです。

  • 高温、多湿な場所に置かない
  • 狭い場所にぎゅうぎゅう詰めにしない
  • まとめていれて、ぶつかる事をしない
  • お手入れしないまま保管しない
  • 直射日光のあたる場所に置かない

と言った事に注意すれば、そこまでシビアではありませんので、お部屋の快適な場所を保管場所として選びましょう。

これさえあれば保管できる道具

  • 素材に対応したジュエリークロス(柔らかい布)
  • 付属のペアリングのBOX
  • 100均の小さいジッパー付きの袋

があれば保管できます。確実に購入しなくてはいけないのが、ジッパー付きの袋なんですが、100円均一で1つ数十枚入りで売っていますので、1つ購入すれば後で購入する事はほぼないですね。

ジュエリークロスで汚れが落ちない場合は、他のお手入れ道具が必要になります。

まとめ

  • 金属も誕生石も、保管方法の手順は基本同じ
  • 乾燥を防ぐため高温になる、直射日光の場所や、気温が上がる部屋に保管しない
  • 真珠、オパール、サンゴは乾燥に特に注意
  • 一つずつ固定して収納する
  • ペアリング毎のお手入れは必須

ペアリングの保管方法となると種類が多くて迷いそうですが、基本的には、お手入れ、ジッパー付きの袋、固定となります。道具としてもショップ付属のジュエリークロスとジュエリーボックスでほぼ足りるので、結構お手軽です。

私個人としては、保管したとしても、たまにで良いので、見て状態をチェックする事も必要かなぁと思っています。ペアリングも「快適な場所」に保管してあげて下さいね。