ペアリングを付けたまま温泉に入ってはダメな理由とは

温泉

温泉好き、旅行好きな方は、ペアリングを付けたまま温泉に入って良いのか?という疑問が出てくると思いますが、温泉はペアリングに限らず金属を使用したアクセサリー全般に関係のある事です。

スポンサーリンク

温泉に入る前に落ち着いて

大切な人とペアリングを付けて旅行をしていると、テンションが上がります。おいしい料理、旅館、そして温泉とペアリングを付けている事を忘れてしまい、そのまま温泉へGO!となった場合、温泉に入ったとたん、温泉に浸かったペアリングが真っ黒に、なんてことにもなります。

温泉がNGなペアリングは

ペアリングに使用されている素材と温泉との相性が特に悪いのは、シルバー素材となります。シルバー製品は、お手入れをしないと普段使いでも酸化して黒に変化してしまいます。それが温泉の成分によって、真っ黒になってしまうのです。

硫黄成分があるとなお黒くなりやすいですが、硫黄の温泉以外でも酸化して黒くなる可能性があります。

シルバー素材以外は良いのか?

グレーゾーンと言った扱いになります。ペアリングやネックレスを付けたまま温泉に入って居る人はおそらく素材が、プラチナ、ゴールドで、純度の高い物である可能性が非常に高いです。

コーティングの剥がれる可能性もあり

お値段の安いペアリングで、コーティングやメッキをしてある場合は、ゴールドだとしても外すようにしましょう。コーティングが剥がれる可能性があります。

ここでもポイントになるのがリングサイズ

温泉に入る前の段階で、ペアリングを外せない状態では意味がありません。となると、サイズ選びが非常に重要になりますね。ピッタリ過ぎる場合は、温泉に入る前に、むくみなどを解消して外したりしたり、購入する前のペアリングサイズはしっかり測りましょう。

温泉に入るなら、ペアリングは外すのが吉

シルバーだからとか、プラチナだからとか素材に限らず、ペアリングは外してから温泉に入る事を推奨します。成分とかあれこれ考えなくて済みますし、外して貴重品として保管しておく事が大切です。

ペアリングの寿命を長くするためにも、温泉に入る場合は、大切な物だからこそペアリングやアクセサリーを外してから温泉でゆっくりして下さいね。