値段で価値は決まらない!「あえて安いペアリング」を選ぶポイントとは

手を繋ぐカップル

ペアリングを購入するときに、予算を決めると思います。そこで出てくる安いペアリング。そこで、「安いのはなぁ」と思うかもしれませんが、場合によっては安い方が良いのです。

スポンサーリンク

安いペアリング=値段だけではない

価格が低いから、安いペアリングとなるので、関係しているのは「価格」と思いきや、実は価格だけではないのです。それは、現在の状況と大きな関わりがあります。

2人がどういった状況か

  • 付き合って初めて買うペアリング
  • 付き合いの期間が短い学生同士のカップル

と言った場合には、高いペアリングを選ぶよりも、安いペアリングを選んだほうが良い場合もあります。あまりに高価なペアリングとなると、重くなりがちです。

安いペアリングがケチとは限らない

物にお金をかけたくない方もいると思いますが、安いペアリングだからケチって訳ではないんですよね。値段を抑えて安いペアリングを選ぶ事で、

  • プレゼントされても重くならない
  • 高価なペアリングよりも、気軽に付けられる

と言ったメリットが生まれます。高価な物を普段から貰いなれていたり、生活水準でない限り、安いペアリングの方が、気軽に付けられて、重くならないペアリングとなります。

もちろん収入とも相談して

安いペアリングは、収入が少ない、または、無い学生にもおすすめできます。ペアリングが安いからと言って、気持ちまで安い分けではないでしょうし、高価なペアリングだから、気持ちがこもってるとは一概には言えません。値段が安いからと言ったこではなく、2人の状況をポイントに見て、あえて安いペアリングを選ぶのもありですよ♪