入っても大丈夫?ペアリングを付けてお風呂に入る時の3つのポイント

花がお湯に浮かぶバスタブ

付けなれている方ほど、お風呂にペアリングを付けたまま入ってしまう事もあると思います。仕事から帰ってきてすぐお風呂に入ったり、夏に汗をかいて水風呂に入るなどがあります。今回は、ペアリングを付けたまま風呂に入っても良いのかを紹介します。

スポンサーリンク

長い時間ペアリングを付けている方は

付けている感覚に慣れるので、考え中いでペアリングを付けたままお風呂にも入ってしまいがちです。汗を流したい!と、お風呂に頭が行きますが、ペアリングを付けていると言う事も考えなくてはいけませんね。

お風呂は中の水次第

温泉には、成分によってはシルバーが一瞬で真っ黒になりますが、お風呂の場合は通常は、水、お湯だったりします。水やお湯であれば問題ないので、実は一概にはダメとは言えないんですね。

ポイント① お風呂に入る時

お風呂に入る時に、ただの水か入浴剤を入れるかで変わります。入浴剤を入れる場合は、硫黄成分が入っているとシルバーは真っ黒になります。お風呂に入浴剤を入れる場合は、温泉と似たような考えになりますので、いちいち成分を気にするよりも、ペアリングを外した方が良いでしょう。

水、お湯だけの場合は、水に浸かっても問題ない宝石のペアリングは、付けたままお風呂に入っても問題ないですね。

ポイント② お風呂から出た後

お風呂から出た後の事を考えてみます。身体を拭いて、髪の毛を乾かすまでは問題ないですが、化粧水や乳液といった、お肌の手入れをする場合は、ペアリングが邪魔になる事もあります。指とペアリングの間にも、ケア用品が入り込むので、出来るのであれば、ここで外すかお風呂に入る前に外す方が良いでしょう。

ポイント③ ペットのお風呂

ペットのお風呂となるとシャンプーなどの成分が変わります。その為、ペット用のシャンプー次第ではシルバーのペアリングが真っ黒に!なんて事もあるようです。成分の把握は難しいので、外してからシャンプーしてあげましょう。

まとめ

  • 水、お湯の場合は、誕生石などの宝石次第で付けたまま入ってもOK
  • 入浴剤を入れるなら外した方が良い
  • お風呂の後にお肌のケアをする場合は外した方がケアしやすい
  • ペットのシャンプー成分によっては、外した方が良い

基本的な考え方としては、水なら宝石次第で大丈夫で、後は温泉と同じ考えになりますね。とはいえ、お風呂に入るだけでなく、お肌のケアをする場合や、傷が付く事を考えると外すに越したことは無いですね。

ペアリングを付けたままお風呂に入る事が多い方は、温泉ほど敏感になる事は無いですが、入浴剤を入れるなどいつもと違う事をする場合は、注意してみて下さいね。