ピアス素材として有名なチタンのペアリングの特徴とは

チタンと言えばペアリングよりも、ピアスの素材として有名です。他にも色々使用されている金属なのですが、ペアリングとしても注目を集めている素材でもあります。

スポンサーリンク

チタンの特徴

チタンは鋼鉄よりも硬い素材で、錆びにくく、金属アレルギーの原因になるイオンが溶けにくいと言われているペアリング素材なんです。鋼鉄より強度があるのですが、重量が軽いという特徴があります。

また、酸や海水による金属成分の溶けにいという事で、金属アレルギーの方にもペアリングとして注目されている金属でもあります。

ペアリングよりもピアスで使用される事の多い素材

ピアスと言うのは、実はペアリングよりも金属アレルギーの症状が出る可能性が高いのです。理由は、皮膚ではなく、穴を開けた内部に直接金属が触れるからですね。その敏感であるピアスでも採用されるほど、金属アレルギーが起こりにくい素材として、採用されている素材です。

ペアリング素材の中でも非常に軽い

他にも、時計のベルト、包丁、魔法瓶、自転車のフレームなど様々な用途で使用される金属です。その特徴として丈夫な事に加えて「軽い事」が挙げられます。

重量としては、混ざり物がない前提でゴールド、プラチナの約4分の1、シルバーの約半分、ステンレスの約半分の重量になるので、ペアリングの素材の中でも軽い付け心地になります。

硬い素材ゆえの残念な部分

やはりチタンが硬いという事もあり、加工が難しい事によりコストもかかるので、デザイン種類が少ない事が見受けられます。金属アレルギーの心配の少ないサージカルステンレス316Lと比べても見劣りしてしまう部分があります。

ペアリングの素材でチタンを選ぶのであれば

チタン素材は、マリッジリングとして選ぶ方もいるようです。デザインが少ないので、納得いくものだとオーダーメイドのペアリングになってしまい価格も上がってしまうので、ペアリングの素材でチタンを選ぶとするのであれば、金属アレルギーが出てしまう金属が多い場合にチタン素材を候補にいれる事が良いでしょう。