おまかせでも私好みに♪おねだりする彼に伝えたい6つのポイント

胸元に手を当てる女性

女性の方で男性にペアリングをおねだりした方、丸ごと全てをまかせていませんか?

「私は特にこだわりが無いから~」と言っても、想像が膨らんだり、理想がある程度あると思います。いくつかポイントを伝えておくと、彼は悩みすぎないで、おねだりした女性にとっては、より理想的なペアリングとなったりします。

スポンサーリンク

おまかせで出てしまう問題点

ペアリングを買う事が決まって、全てをまかせると出てくる問題が多いのがデザイン性だったりするんです。

好みの問題って貰って嬉しくない問題でもあるんですよね。

短いお付き合いの場合だとなおの事好みが把握できませんし、男性には分からない「可愛い」と言った表現や、「オシャレ」には人それぞれ好みがあります。

いくら好きな人、大切な人から貰うとしてもこれから長く付ける事を考えると、女性の方にとっては、好みのペアリングを付けたいですし、男性にとっては喜んで付けて欲しいんです。

伝える事① 金属アレルギー

私は何よりも金属アレルギーを重要視してサイト内で書いていますが、長く付けられる事としては最も重要です。

一部樹脂でできていたり、ガラスでできていたりするペアリングもあるかもしれませんが、ほぼ金属でできています。

金属に対してアレルギーがある場合は、必ず伝えましょう。

ペアリング購入は焦らないで!金属アレルギーを知る為の4つの方法
ペアリングの素材によって引き起こすアレルギー反応のひとつ、金属アレルギーがあります。貴金属であるペアリングとは切っても切れない関係の金属...

伝える事② 素材の種類

素材の種類は金属アレルギーとも関わりがありますが、好きな素材や好みの素材がある人は伝えておく方が男性にとっても選びやすいですね。

プラチナは日本にとって特別な素材のポジションでもあるので、値段に関わらず憧れだけで選ばないのもポイントになりますね!

伝える事③ 色

好きな色ぐらい覚えてね!と思っても、感性の違いと言いましょうか、女性と男性ではカワイイ色、カッコイイ色は分からない事があると言います。

特にピンク系は「カワイイピンクと可愛くないピンク」が女性には分かっても、男性には分からないと聞いたことがあります。

ペアリングでははっきりしたピンクは無いですが、

  • シルバー
  • ピンク
  • イエロー

と言ったように、いくつかあります。これは素材によって異なるので、金属アレルギーとの関係で選んでも良いですね。

カラーでペア感が高まる!ゴールドのペアリングの特徴と種類
ゴールドのペアリングは代表的な素材の一つです。ゴールド素材は、幅広く種類があり、金のインゴットなどは、噛みつくと歯形が残ったり、薄い板状...
カラーコーティングだけじゃない!ペアリングに色を出す3つの種類とは
ペアリングの色は、素材によってはカラフルな色から選ぶ事が出来たりするのが、選ぶ楽しみの一つでもあります。金属の色と言えば多くの方が銀色を思い...

伝える事④ 指輪の号数

プレゼントでおねだりしたとしても、現状の号数は伝えておいた方がよりピッタリのペアリングになります。

サイズが緩すぎると無くなってしまう可能性もありますし、きついと抜けなくなることもあります。付たり外したりが大変だと付けたくなくなってしまう事にもなりますので、指輪の号数は、一緒にリングゲージで測ったりして、確実にしておきましょう。

ペアリングのサイズを測る5つの手順と見落としがちな注意点とは
ペアリングのサイズを測るには主に、ショップで測るか、自分で測るかの2種類に分かれます。どちらも最終的には、自分の付け心地が判断の基準になるの...

伝える事⑤ 幅、形、形状

幅広の平打ちや、スタンダードな甲丸と言った形状はペアリングのデザインの基本になったりしますし、シンプルなペアリングだとメインとなる部分が、幅、形なんです。

これだけでも「自分の好み」があると思います。「私は華奢な形が良かったなぁ・・・」と思ってしまわない様に伝えておくと良いですね。

デザイン性が変わる6つのペアリング形状とは
ペアリングの形にはショップそれぞれの独自の形のペアリングもあるのですが、実は、基本的な形、形状と言うのは決まっているのです。そして、指の...

伝える事⑥ 希望のブランド

どうしても欲しいブランドや希望のブランドがある場合は伝えておいたほうが良いですが、私個人としては、

現実的な価格のブランド

にとどめておいたほうが良いと思っています。

どうしてもお金がかかる事なので、現実的な部分を考えなくてはいけませんので、無理な価格になるブランドは正直厳しいおねだり条件になってしまいます。

ペアリングならブランドだけにこだわる事でもないですよ!

まとめ

おまかせするのラクですし、楽しみが増える事でもありますが、「ある程度伝える事」は、おまかせする女性自身にとっても、おまかせされた男性にとってもメリットが多いです。

あれもこれも条件を付けると「一緒に選んだほうが良い」場合があるので、いくつかポイントを抑えて伝えてみてくださいね。