意外と知らないハワイアンジュエリーに込められたデザインの意味

ハイビスカスの花

ハワイアンジュエリーは、彫刻が美しいデザインとして日本でも人気のあるデザインです。このハワイアンジュエリーに彫刻されたデザインには、深い意味が込められているんです。

スポンサーリンク

ハワイアン・エアルーム・ジュエリー

本来の名前としては、ハワイアン・エアルーム・ジュエリーとの事です。エアルーム(heiroom)とは、先祖伝来の家宝などの意味があり、分かりやすく言い直すと、代々受け継がれていく宝物の意味になります。

宝物は、形のある物だけでなく、想いや気持ちも時には宝物となります。例えば、コツコツお金を貯めて購入したハワイアンジュエリーのペアリングであっても、プレゼントするという想いが、ペアリングという形に込められています。

ハワイアンジュエリーの7つのデザイン

主に7つのデザインがハワイアンジュエリーとして有名です。ハワイに関係している事でもあるのですが、デザインと意味の関係は、色々な人の想いにも関係してくると思います。

ヘリテージ(Heritage)

デザインのポイント:波、プルメリアの花、マイレの葉

伝承や伝統と言った意味があり、言い方を変えると、受け継がれるものの意味があります。

カレイキニ(Kaleikini) 

デザインのポイント:海の波

海の波を表現していて、海から幸せを運んでくれる波の象徴や、途切れない波の様に、途切れる事のない愛を表現している意味もあるデザインです。

マイレ(Maile)

デザインのポイント:マイレの葉

マイレの葉はツル性の植物で、大切な人との絆を表現しているハワイ語の一つでもあります。マイレの葉は、ハワイでの結婚式での表現としても使用され、神聖な葉としての象徴です。

ホヌ(Honu)

デザインのポイント:ウミガメ、波

ホヌは、ハワイ語でウミガメの事になります。海の守り神としてのホヌ(ウミガメ)は、平和の象徴として、幸せを運んでくれると信じられています。

プリンセス(Princess)

デザインのポイント:プルメリアの花、波

ハワイのプリンセスである、カイウラニの人柄である、純粋さを表現したデザインで、可憐さ、華やかさ、気品さを象徴しています。

プルメリア(Plumeria)

デザインのポイント:プルメリアの花

ハワイの人にとって馴染みのあるプルメリアは、ハワイに多く咲いている白い花の事で、ハワイだと、首にかける花飾りとしての「レイ」として使用されます。有名な例としては、フラダンスのダンサーが首にかけているのがプルメリアの花ですね。アクセサリーのモチーフとしてもデザインされる事があります。

花言葉は、気品、親愛、魅力、情熱、恵まれた人などの意味があり、11月16日の誕生花になります。

ハイビスカス(hibiscus)

デザインのポイント:ハイビスカスの花

ハイビスカスは日本でも沖縄に咲く花で、名称も有名ですね。

花言葉は、上品な美しさ、信頼、華やかなどの意味があります。7月11日の誕生花になります。

ハワイアンジュエリーはシンプルで存在感あり

デザインの内容や意味を知ると面白いですよね。ハワイアンジュエリーには、他にはない深い意味があり、デザイン性もペアリングとしてファッションリングとしても楽しめます。